社会福祉法人仙台いのちの電話

文字サイズ

自死遺族支援 わかちあいのつどい「すみれの会」

大切な人、愛する人を自死により亡くされた方へ

すみれの会であなたの想いを話してみませんか。
自死で大切な人や家族を亡くされた方が語り合うことを通して、悲しみをわかちあい、共にささえあう場です。
一回だけの参加、続けての参加、どちらも自由です。

仙台いのちの電話では2006年10月より「すみれ会」を始めました。
2021年12月まで、のべ586名の方が参加されています。

自死遺族支援「すみれの会」

2022年度の予定

開催日 第一土曜日 第三水曜日
2022年4月 2日  20日
2022年5月 7日 18日
2022年6月 4日 15日
2022年7月 3日 20日
2022年8月 6日 17日
2022年9月 3日 21日
2022年10月 1日 19日
2022年11月 5日 16日
2022年12月 3日 21日
2023年1月 7日 18日
2023年2月 4日 15日
2023年3月 4日 15日
開催内容
開催日 毎月2回 
第1土曜日:自死で大切な人を亡くされた方対象(家族・友人等)
第3水曜日:自死で家族を亡くされた方対象(家族限定)
開催時間 13:00~15:00
13:00~14:30 わかちあい
14:30~15:00 ティータイム
会場 仙台市市民活動サポートセンター
参加費 300円

すみれ便り

分かち合い

他の人の話を聴きたい

 すみれの会に初めて来られた多くの方は、この言葉を言われます。参加者は皆、どのような事情かはわからないけれど、同じことが身の上に起こった人々。そこに心を寄せて、私はここに来たのだと改めて思い。自死遺族という言葉を自らに重ねます。

どうやってこの苦しみから立ち直れるのですか

 「この苦しみや悲しみが無くなることはないと思います」参加者の口から、このような言葉が出ると「そうですか」と落胆します。ならば何のために来る意味があるのか。それでも、他の方の「思い」が語られるうちに、今まで言葉にしなかった心の痛みが、共感となって胸にあふれてきます。なんとたくさんの思いを封印し閉じ込めてきただろうか。そしてありのままの自分の気持ちと向き合います。やがて「自分の気持ち」を語らずにはいられなくなります。それは促されてではなく、自然に自分の心から語られる言葉です。ありのままの自分の思いを語っても、誰に気兼ねすることも、否定されることもない。淡々と受け入れてくれる生身の人間が傍にいて、黙って聞いていてくれることが、心の言葉を開放しやすくなります。

自殺予防電話

TEL:0120-783-556
毎月10日 24時間無料
午前8時~翌朝8時

イベント・講演

3.11日本のために祈る

すみれ便り