自殺予防

自殺未遂についてどう考えますか

「もう、死んだほうがいい」 「自殺しよう」 と思っても、心の中には「できれば、生きていたい」 「何か、このピンチから抜ける方法はないだろうか」という気持もあり、ゆれているのではないでしょうか。
首をくくる、電車にとびこむ、など致死率の高い方法で自殺を図った場合、周囲の人は「死ぬほど辛い思いをしていたんだ」と深刻に受け止めることが多いでしょう。

しかし、リストカットなどの自傷行為を繰り返したり、致死量には達しない薬を飲んだりしたときは、「そんなことしても、ほんとは死ぬ気はないのだろう」と軽く考えることが多いようです。
  「死ぬ、死ぬ、という人は死なない」という誤った言葉を信じている人もいます。
  直接、死に至らない自傷行為があったときは、自殺の意図を軽く見がちです。

しかし、 自殺未遂をした人が、また自殺を図る確率は高く、 何度も繰り返したあげくにいのちを失う例は少なくありません。

ですから、自傷行為を繰り返す人や、未遂者に対しては、身近な人は医師と連携をとりながら細心の注意をして見守っていく必要があります。

とはいっても、いつも危険と隣り合わせの緊張した日々が続くことは、身近にいる人にとっても、しんどいことですから、担当の医師や信頼できる友人、相談機関などに話を聴いてもらう等、力を借りることもいいでしょう。

参考: 「全国のいのちの電話」のページにリンク
       その他の相談機関   NPO 法人ライフリンク ホームページ
       http://www.lifelink.or.jp ⇒ いのちのつながり

さらに、「死」を考えてしまうその人の気持ちをよく聴いてうけとめ、 「こころの絆」をしっかり結ぶ ことが出来れば、自殺の危険を少なくすることに、役立つことでしょう。

▲TOPへ戻る